Japanese 2018-12-04T10:31:08+00:00
일본어 ‘제품소개’
Doosoun CNIは、コンサルティング及びファッション
ERPソリューションサービスを提供することにより、
総体的資源管理の最適化、組織内外の協業、組織競争力強化、情報共有、業務プロセス改善、
および経営効率活性化をサポートする最適の方法を提供します。

製品紹介

紹介書ダウンロード

ERP Systemとは?

Enterprise Resource Planningとは?

Enterprise Resource Planningの略字で普通 ‘全社的資源管理’と言われて、企業全体を経営資源の効果的な利用だという観点から統合的で管理して経営の効率化を高めるための手段として、情報の統合のために企業の全資源を最適で管理しようという概念で、企業資源管理、又は業務統合管理だと言えます。
狭い意味では統合的なパソコンデータベースを構築して会社の資金、会計、購買、生産、販売等の全ての業務流れを効率的に自動調整してくれる電算システムを意味し、広い意味としては企業全般の業務プロセスを統合的で管理、経営状態をリアルタイムで把握して情報を共有することで迅速で透明な業務処理の実現を目的とします。

ERP System導入による期待効果

企業の生産、営業、購買、在庫、会計部署等、全ての関連部署が企業に必要な情報を共有することで企業の全部分が統合的に管理できると、各部分で発生する費用及び 危険要素を最小化して、システム上での精度が持続的に改善される効果があります。
また、集積された情報の加工を通じて迅速で効果的な意思決定ができる情報を得ることが出来ます。

ERP Systemの特徴

ほとんどのERP Systemは各部分別のプロセスを標準化して設計及び開発されて必要により選択的で部分別の業務を導入、又は導入しないようにモジュール化されています。
導入ERP Systemと現在の業務処理上の差がある場合、業務処理順に対する改善過程の( Business Process Reengineering )先行をしなければならないです。 現在運営しているSystemと連携(Interface)が必要な場合等の要求によってERP Systemに対する個別化(Customization)作業が発生することが出来ます。

ERP System導入の時、考慮事項

ERP System導入の時には次の各項目に対する
細部的な考慮が優先しなければならないです。

变化和革新

企業環境変化によるIssueと対応

情報の創出と消耗が急に短くなることによりもっと多い情報の生成と共有が要求される状況で企業のIssueは何ですか。

※ 企業の内/外部的なIssueは社会が高度化で専門化されほど増加します。

業種に特化されたERP System

Fashion業種に対して特化されたERP Systemで企画業務
から 生産、営業、物流、顧客支援、POS、在庫流通、会計連動、
On-line Mall、Open Market、マーケティング連動まで
統合された革新的な管理Toolを提供します。

もっと拡張された内部System

MULTI MARKET (On/Off/SNS/海外/仮想)に特化されたソリューション

· Shopping Mall商品連動/注文収集/配送情報
· Sabangnetを通じたOpen Market/提携Mall連動
· 顧客、在庫、積立金、デポジットの連動

· リアルタイムの売上推移分析
· 売り場/日付/商品単位分析
· 倉庫/売り場の在庫実査
· 倉庫ロケーション管理
· 商品推移分析/MDキュレーション
· 訪問販売 M-POS

· 信用/Check端末機器
· Set、束、1+1のような販売
· 多重化されたプロモーション
· 販売待機、顧客管理連動
· 団体注文、全払注文商品
· 配送トラッキング
· 積立/デポジット/クーポン管理
· Alipay連動
· 全払件の個人配送要請
· On-line注文、売り場へ配送可能
· KICC, NICE, SPC VAN社連動
· Tax Refund(GTF)連動

· 市場購買/委託商品に最適化された配分/出庫
· 生産工場POP管理
· 海外生産の船橋管理
· 国内物流の下車管理
· 委託マージン管理機能定率 – 定額全部可能

· Mobile基盤のマーケティング活用
· 売上の効率分析
· On/Off-line商品券、クーポン同時に使用、同時積立可能
· SMS/LMS/MMSのクーポン発送

· DAS / DPS / SORTER
· 宅配社連動
· スキャニングによるOn/Off-line商品配送-出荷
· ボックス単位の製品リスト出力
· 売り場の返品スキャニングによる確定機能ロケーション別の在庫管理

強化された使用者Interface

使用者の利便性が強化されたInterfaceを通じて使用者は単位 プログラムを個人の業務性格に合わせて差別化出来ます。
使用者グループ及びプログラム別の権限管理を通じて使用者管理が容易します。

1. 業務流れによる大分類メニューを表示します。

2. 単位画面別でブックマーク、エクセルUp/Download、現在の画面状態の貯蔵等の作業が出来ます。

3. エクセルのピボットのようにグルーピンが出来ます。

4. 共通検索条件を通じて別途の検索条件無しで検索が出来ます。

5. エクセルのピボットのようにグルーピンが出来ます。

6. ERP Systemを使用している使用者の情報とよく実行する業務は下段のボタンクリックだけで、確認出来ます。

Software Module 構成

主要構成はDelphiとOracle DBMSを根幹として必要に応じてASPを適用します。

業務Module構成

※ 単位Programの本数はEIS、SCM等は含まれていない情報です。

大分類 中分類
共通管理 営業日、権限、コード、掲示板、メニュー、使用者、インターフェース管理
物流管理 入庫、出庫、在庫、修繕、消耗品管理等
資材管理/生産管理/SCM 基礎情報、発注、入庫/出庫、在庫、生産、クレーム、精算、会計仕入連動(DOUZONE)
企画管理 商品企画、販売、販売分析、輸入Sample、国内Sample、企画分析、在庫分析、RATIO分析 等
売り場-POS管理 売上、顧客、修繕、店間の移動、時在締切、個人配送要請、オンライン注文 → オフライン配送
E-BIZ オンラインMallと商品、注文、配送処理、宅配社連動、在庫割当、インボイス出力、部分配送、
配送キャンセル、誤配送チェック、在庫ロケーション、在庫連動
会計連動 仕入、売上、SM給料、店別の控除、税金計算書発行 – 会計連動
Mobile 売上dashboard、在庫実査(倉庫、売り場)、商品売上推移分析(イメージ、グラフ、MD推奨)

多国語機能

韓国語、中国語、日本語、英語に対する多国語処理が出来ます。
各使用者別で設定したら、同一 プログラムで使用者別で言語が表示されます。

サービス構成

項目 COSPA WIDOO PLANZ SOFT SUMMER
基本コア 企画、物流、営業、売り場POS 企画、物流、営業、
売り場POS, 輸入、Ebiz
企画、物流、営業、売り場POS,
輸入、Ebiz、資材、生産
企画、物流、営業、売り場POS,
輸入、Ebiz、資材、生産、会計連動
オプションコア Mobile、mPOS Mobile、mPOS、SCM(供給者) Mobile、mPOS、SCM
(供給者、納品、輸入)
Mobile、mPOS、
SCM EIS、DASHBOARD
追加開発 x O O O
RFID x x O O
提供メニュー数 150 ~ 180 230 ~ 300 350 ~ 400 500 ~
自社Mall連動 x 商品、注文、在庫、顧客、
クーポン、積立金、デポジット、
予約、リアルタイム連動
自 動 自 動
提携Mall
Sabangnet連動
x 商品、注文、配送、在庫、

1時間単位連動

自 動 自 動
宅配インボイス連動 x 住所整斉、インボイス出力、

配送履歴、未スキャン配送照会、

ボックスFULL出力機能

自 動 自 動
DASHBOARD開発 不可能 不可能 不可能 不可能
SERVER (DB,WEB) CLOUD CLOUD CLOUD又は構築 CLOUD又は構築
DATABASE ORACLE SE ONE ORACLE SE ONE ORACLE SE ONE ORACLE EE
Set Up / 開発期間 7日 以内 2 ~ 3ヶ月 4 ~ 6ヶ月 6 ~ 10ヶ月

FAQ & 1:1お問合せ

1:1お問合せを通じてプログラム使用中に発生する全ての疑問事項を迅速に共有することができます。
FAQを通じて各プログラムの定義及使用方法を文字/イメージ/動画を通じて容易にマスターすることができます。

PCとMobile遠隔支援

TEAM VIEWERを通じてPCとスマートフォン、

Mobile機器全体に対する遠隔支援が出来ます。

投入費用及び日程短縮

投入業種に特化されたERP Systemで現在業務とのGAP差を最小化することで十分なTestを通じて安定的なSystemの投入が出来るし、
日程も短縮出来ます。
→ 日程短縮を通じて導出されていない危険要素の除去出来すし、投入費用を最小化することが出来ます。

安定的に構築されているソリューションを
使用だけにしてください!
最新トレンドの流通業務が自動的に
運営され売上に反映されます。

モジュール開発時に遂行計画及び検収報告遂行

· 新規モジュール開発を進行する時にも、最初遂行計画書と完了する時ごとに検収要請書を提供します。
· 最大限に結果物と同一な構造の設計資料を基盤で遂行計画書を作成して、実際の使用者と十分に共有した後に開発に着手します。
· 最終結果物に対する細部数式及び使用者と共有しなければならない内容を検収報告書に作成して、追加開発された業務に対するマニュアルとして使用できるように提供します。

[执行计划书 ]

[ 验收报告书 ]

使用者と権限

使用者、プログラム、使用者グループ、読み書きに対する整理

[ 使用者 ]

  • プログラム運営のための使用者を登録管理します。
    使用者のID別で言語を管理します。
  • 使用者ID別で運用可能なブランドを管理します。
  • 使用者IDの接続可能なパソコンを管理します。
  • “資料変更可能日数”で “0”ではなく甲を登録すると、
    登録した日数前まで受払資料の日付を修正、
    登録出来ます。
  • 使用者ID別で最終接続情報及びプログラムの
    最終Versionを確認します。

[ プログラム ]

  • · システムフレームウォークで画面単位の
    プログラムを登録及びボタンの
    使用可否を管理します。

[ 使用者グループ ]

  • 使用者の業務区分により“グループ”
    を定義してシステムを運営します。
    “グループ”別でプログラムの使用権限を管理します。
  • 使用者IDは複数のグループを持つことができます。
  • 定義された“グループ”別で“HOME”画面の
    掲示板を10個まで順を定義して貯蔵します。

[ プログラム権限管理 ]

  • 对于登陆的程序登记可使用程序的“群”.
  • 登録されたプログラムに対してプログラムを
    使用可能な“グループ”を登録します。
  • Q: 照会、
  • C: 貯蔵、
  • U: 修正、
  • D: 削除、
  • R: 読みの権限を設定します。

多国語処理

1. デザインタイム(コーディング)に対する説明と辞書貯蔵プロセス

  • コンポーネントに使用した韓国語キャプションは実行の時、辞書と比較して、無い場合には辞書に登録します。
  • 説明等のコーディング 時に使用した韓国語は “_LOC” 関数を利用して辞書対象であることを指定します。

2. 画面出力による処理プロセス整理

  • プログラム実行時、 辞書から韓国語に対する多国語マッピング資料をメモリーにロードします。
  • 画面ロード時、コンポーネントのキャプションを多国語マッピング資料でログイン使用者の言語コードに合わせて変更します。
  • “_LOC” 関数を通じて多国語マッピング資料でログイン使用者の言語コードに合わせて変更します。
  • 売り場資料に存在しない場合、韓国語で画面に表示されます。

入力されたデータの資料検証

源泉データを基盤として
集計データが正常なのか、確認するプロセス

  • 受払マスターと日別、月別、年別、総集計ファイルと資
    料を比較して間違ったRowの件数を 探します。
  • 検証に使用されたクエリーと再集計クエリーを
    使用者に案内します。
  • 検証の条件(日付、スタイル、売り場、倉庫)を
    使用者が入力します。
  • マスターと日別集計を比較、
    日別集計と月別集計を比較、
    月別集計と年別集計を比較、
    年別集計と総集計を比較します。

グリード使用法

1. コラムをクリックするとトグルで ‘昇順、降順’にて該当コラムがソートされます。

Shift Keyを押す状態から
色んなコラムをクリックするとクリックし
た順に多重ソートなります。

[ グリードフィルター ]

2. コラムをドラッグしてヘッダーへ移動すると該当コラムでグリードの内容がグループなります。
又は複数のコラムを段階的にグループ出来ます。(Group by This Field)

3. コラムをドラッグしてグリードの領域外へ移したら該当コラムがグリードから除外されます。(Remove This Column)
4. コラムで右クリックするとグリードのポップアップメニューが呼び出されます。
5. “F5” Keyを押すとグリードが初期状態で初期化されます。
6. グリードで “Ctrl+F”を押すと”グリード内容探す” ポップアップが呼び出されます。
検索語を入力して “探す(F)” ボタンをクリックすると検索語がグリードを循環しながら内容を探します。

エクセル転換及び印刷プロセス

1. エクセル転換ボタン

2. エクセルファイル名の入力

3. 印刷ボタン、印刷プレビュー

使用者画面ブックマーク

1. 使用者画面ボタン

2. ブックマークボタン

3. ブックマーク メニュー

  • プログラムが実行されたパソコン別で
    グリードの使用者環境を貯蔵します。
    “F5” キーを押すと貯蔵された使用者環境を
    初期化します。
  • ブックマークボタンを利用してブックマーク
    メニューに使用者ID別でメニューを構成します。
    “Del”キーを押すと登録されたメニューが除去
    されます。

作業指示書の登録

01

02

作業指示書の登録と出力物

作業指示書の登録説明

  • 製品生産に必要な作業依頼書内訳をスタイル単位で管理します。
    管理項目はブランドイメージ、企画数量、商品イメージ、 アウトラインイメージ、備考、決裁ライン、外注加工、実のyield yardage、副材料、Label、原材料サイズスペック、副材料サイズスペック、試製品検査日付、入庫商品検査日付を管理します。
  • メーカー、ブランド別で作業指示書の登録様式を使用者が登録画面を構成して使用出来ます。
    “SETTING” ボタンを通じて使用者の要求事項に合わせて管理入力項目のPannelをDrag-and-Dock機能で登録画面を配置出来ます。
    使用者のグループ権限を利用して、登録者と照会者の権限を付与します。
  • 動的で決裁ラインの構成が出来るし、各決裁ラインの段階別で決裁日付と決裁がIDを貯蔵します。
  • “原材料発注” ボタンで選択された原材料のコードを生成して取引先に発注を生成します。
  • “副材料発注” ボタンで選択された副材料のコードを生成して取引先に発注を生成します。
  • “原価計算書出力” ボタンで原価計算書出力物を印刷します。
  • 作指締切ボタンで”作指締切” 後に入力された内容を修正できないように処理します。
  • “原価計算書出力”ボタンで企画段階の原価計算書内訳を出力します。

[ 出力物 ]

作業指示書現況

シーズン商品受注と入庫処理及び配分

シーズン商品受注登録

  • シーズン商品の受注を売り場別で注文日付に受注確定(配分)数量を随時入力します。
  • 受注確定数量の登録時、売り場受払(最初入庫日、総売り場入庫数量、総売り場返品数量、移動入庫数量、移動返品数量、販売数量) 内訳、移動中(水平移動中の数量、物流返品の未確定数量)内訳、期間販売数量を参照して受注確定数量を入力します。
    同一画面で必要であれば売り場の商品水平移動数量を入力します。
    スタイル、色相コラムを除外してダブルクリックすると商品のイメージと下段で受注商品の倉庫在庫数量を確認します。数量の一括入力を提供します。
    CSV File形式のアップロード様式を利用して一括受注確定数量を入力します。
  • キーボード確定数量を入力するように最適化されています。
  • 注文禁止商品の指定及び確定数量入力の時に例外処理します。
  • 作業者のID別で売り場のグループを登録管理します。

入力されたデータの資料検証

ケアラベル

  • 商品個別でSGTIN96 EPC TYPEの 個別Serial番号を生成して
    商品別で 登録した後、Serial番号をバーコードプリン
    ター発行プログラムで sam-fileにて連動(file interface)して
    RFID Tagにエンコーディング 後にTag、ケアラベルへ印刷します。
  • RFID標準EPCコード構造でエンコーディングします。
    生成されたSerial番号は再活用しません。
    エンコーディングの後にバーコードプリンターで
    エンコーディングされた内訳をデコーディングして
    sam-file形態でデコーディング内訳を生成します。

原価計算書と事前原価

原価計算書登録

  • 製品、商品生産依頼の時、スタイルの次数別の原材料、副材料、外注加工の細部内訳及び原価内訳を登録管理します。
  • 生産に投入される事前原価を算出管理します。

生産終結と事後原価

生産終結

  • 製品生産の時、事前投入された原/副材料及び製品代替生産量、クレーム内訳を基準でスタイルのスタイルの次数別の事後原価を算出します。
  • 生産終結の時、該当スタイルの次数の追加入庫は出来ません。
  • 事後原価確定の時、該当スタイルの次数の入庫マスターを事後原価で修正処理します。

スキャナー基盤入庫登録

入庫登録

  • “バーコードスキャン処理” 入力欄でバーコードをスキャンします。
  • スキャンしたバーコードを基準として商品情報を探して画面の入庫登録画面に追加します。同一バーコードスキャンの時、該当数量が増加します。

SCM納品予定登録と入庫確定

入庫確定

  • “納品予定” オプションを利用して、SCM納品予定で登録された資料を参照して未入庫数量を入庫登録します。

倉庫在庫現況

倉庫在庫現況

  • 倉庫の電算在庫、実在庫を照会します。照会条件のグループ(スタイル/色相/サイズ、倉庫、倉庫/年度/シーズン、
    スタイル)オプションの倉庫で生産入庫、倉庫間の移動、売り場出庫数量を集計して電算在庫を集計します。
    売り場の返品依頼未確定資料に移動中在庫で集計して電算在庫 + 移動中在庫で実在庫を集計します。
  • 基準日、期間オプションを通じて在庫を集計します。
  • 期間オプションの場合には繰越、当期受払を集計して電算在庫、実在庫を集計します。倉庫の月締切、日締切の時に活用します。
  • グループ集計した在庫数量の資料にスタイルがある場合、ダブルクリックすると該当スタイルの細部マスター受払内訳が照会出来ます。

売り場と付加属性情報整理

売り場情報登録

  • 売り場の販売環境の早い変化及び多様な営業環境をプログラム運用に適用するために売り場別の付加情報オプション値を管理します。

売り場の付加属性

  • 売り場単位でPOS運営に対する管理要件を付加情報属性で適用開始日と適用終了日の区間にて管理します。
    値を登録しない場合、POSでは基本値で設定されます。

売り場マージン(手数料)と中間管理者(手数料)

売り場の手数料管理

中間管理者の管理

  • 委託管理売り場の出庫、販売時の支給手数料を管理します。
    基準日の照会条件で該当日に該当する手数料を容易に確認出来るように画面が構成されています。
  • 商品のオフライン/オンライン、販売形態、割引率による手数料を登録管理します。
  • 顧客社の運営環境により売り場別で、又は売り場のスタイル別で管理するか、設定出来ます。
  • 色んな形態の中間管理マネージャーの手数料を管理します。
    基本給の一割支給計算とオン/オフ区分、販売形態、割引率による手数料を管理します。

委託商品価格管理と卸商品価格管理

  • 行事名(備考)を活用して商品のオフプライスを管理します。迅速な価格管理登録のためにエクセルのアップロード機能を提供します。
  • 全体売り場より特定売り場、全ての色相より特定色相コード、適用開始日Desc、販売形態Desc、割引率Desc順で価格を適用します。
  • 卸商品の場合、商品価格管理の時に卸価格を入力して管理します。 プログラム適用の時、商品価格に卸価格が登録されていると
    該当卸価格を参照し、登録されていない場合には売り場手数料管理で該当商品のマージンを利用して卸価格を参照します。

売上目標と店別の売上損益

月売上目標管理

売り場別の売上実績

  • 営業売り場別で目標金額を事業目標、実行目標、 高地目標で管理して目標対比実績で対比資料として使用します。
  • 売上に対しては売り場の決裁(売上)区分により”出庫未収“、”販売未収“の区分によって実績が累積されます。

売上細部資料(販売現況)と一日販売現況

一日販売現況

  • 一日販売現況 ‘売り場別、日別’ 売上集計を確認した後、売り場別のポップアップメニューを通じて販売流れを把握します。

一日販売現況 / 売り場別の詳細販売現況

  • 販売日付の区間照会オプションを通じて売上を集計して見ることが出来るし、代表売り場で売上を集計して見られます。
  • 関心を持って見なければならない新規オープン売り場の場合、色で区分して表示します。

一日販売現況 / 週別販売現況

一日販売現況 / 日付別比較現況

一日販売現況 / 年間販売現況

売り場在庫現況

  • 使用者の多様な照会オプションで売り場の在庫数量及び金額を集計します。
  • 期間別で紹介の時、繰越数量に当期受払で在庫を集計します。
  • 移動中では水平移動出庫受ける未確定数量と物流の返品依頼の未確定数量を集計します。

商品単位原価プロセス

精算年月のオプションにより年、半期、月別の総平均法で製/商品の原価を算出します。
“平均原価くりこし = (繰越在庫金額+当期入庫金額) / (繰越在庫数量+当期在庫数量)” で平均原価を算出します。
算出された原価は出庫現況、販売現況 等の原価コラムに表示されます。
“期末在庫 = 繰越 +当期入庫 -当期販売 – 当期他勘定” で期末在庫が算定されます。

店別の決裁類型別売上と掛売り債券管理

  • 売り場の決裁(売上)区分によって出庫分、販売分で売上を集計します。
    売り場の出庫分に対して入金を差し引いた売り場の残高金額と販売分売上から入金を差し引いた掛売り債券を集計します。
  • 販売促進消耗品に対する債券を集計します。.

輸入プロセス

PO管理

  • 企画発注数量を参照して輸入Order Sheetを入力します。
  • 原産地証明書 をスキャンしたイメージで管理します。

免状入庫管理

  • Order sheetを参照した インボイスを登録します。
    POの分割、又はPOの併合でインボイスを生成出来ます。

通関費管理

原価案分管理

  • スタイル、色相別で入庫金額対比通関費を案分します。
    確定の時、既存の登録された入庫資料の原価を修正処理します。

关于出口程序

PI管理

  • 商品マスターを基準として輸出PI (Proforma Invoce)インボイスを生成します。

配分確定

  • PIを基準としてSKU別で物流倉庫の可用在庫を参考にして出庫依頼を生成します。

Invoice

  • 物流でPIを基準として出庫された数量で輸出インボイスを登録します。

Packing list

  • 輸出インボイスを基準としてボックス番号と重量を入力してパッキングリストを登録します。

商品情報と在庫、状態値連動

統合在庫現況 1

  • 商品単位SKU単位で統合在庫情報を照会します。
    倉庫の可用在庫とオンライン注文に対する在庫割当前/後、オフライン出庫予定、倉庫移動在庫を確認します。

統合在庫現況 2

  • SKU単位商品の状態情報を共有するために商品の終結可否と終結日を管理してリオーダー判断可否とリオーダー日付 、強制品切れ、在庫限定等の状態オプションを設定及び照会確認します。
  • 強制品切れ、在庫限定の状態値はFront mallへ状態値がSchedulerにより伝送されます。

注文情報と配送処理プロセス

統合注文現況

  • 収集された注文情報を照会しながら注文の状態(出庫保留、旗、優先割当)を確認及び変更処理して選択されたスタイルの倉庫別の可用在庫を確認します。
    選択された注文番号へ簡単な備考事項を貯蔵管理します。

在庫割当

  • “在庫割当” 作業で配送可能な注文を確定します。
    完配送、先配送、 一括配送のオプション適用が出来る。

インボイススキャニング

  • “インボイス登録”で在庫割当した注文へインボイス番号を登録の後、 “インボイススキャニング” 作業としてインボイスの出庫SKUをバーコードリーダーで確認して出庫処理します。

問い合わせ

紹介書ダウンロード

デモ申請